2016年10月7日金曜日

配偶者控除と夫婦控除

最近のニュースで配偶者控除が廃止され、新たに夫婦控除というものが新設されるという話題を聞いた方も多いのではないでしょうか。

結局のところ、この話は見送りになったわけですが、その理由は専業主婦などからの反発を恐れてことではないかとの憶測があります。
『 解散』という言葉が出ているので、あながちハズレではないかもしれませんね。


夫婦控除とは、配偶者の所得に関係なく一定の所得を控除するというものらしく、これまで言われていた配偶者控除が適用される「103万円の壁」というものを無くし、制限を意識せずに働くことを目的にするものだと思われます。
もちろんそうすることによって国の税収が増える可能性があります。

しかしこうなると配偶者が専業主婦である場合、配偶者控除の恩恵が受けられないので、所得税の納税額が増える場合もあるので、反発する人が出てくるというわけです。

女性の中でも「家庭があるけど働きたい」という人と「私は家庭を守りたいので働きたくない」「育児や介護で今は働くことができない」などの様々な事情があります。

『女性の社会進出』とは企業に勤めて収入を得ること以外にはないのかと、考えらさせられます。



0 件のコメント:

コメントを投稿