2018年11月2日金曜日

プチ断捨離

先日まで半袖を着ていたのですが、秋の気持ちよさをあまり感じることのないまま、寒さを感じるようになりました。

季節の変わり目で最も悩むのが「衣替え」です。

夏物と秋物を入れ替えると、今度はすぐに冬物に替えないといけなくなり、面倒でついつい「もう少し寒くなるまで待とう」と、押し入れの中からとりあえずその日必要そうな秋物を引っ張り出す感じです。

家が広くて収納が多ければいいのですが、我が家は収納が少ないのに捨てられない服が押し入れを占領しているため、それだけでストレスに感じています。

そろそろ断捨離しなければと思いつつなかなかできないのは、決して私だけではないですよね?
まあ、貧乏性という言葉で片付けられてしまうんですけどね。

でも、今回は頑張りましたよ!
「痩せれば着れる」なんて日がやってこない確率の方が高いことを悲しいですが受け入れることにしました。

「ときめくかときめかないか」で決めるのではなく、「入るか入らないか」のみで判断しました。
そして、もしいつか痩せたあかつきには、その時代と私の体に合った洋服を買おうと決めました。

そのプチ断捨離した洋服は翌日資源ごみとして引き取ってもらいました。
でも不思議なことに処分したことに対する後悔の気持ちがまったく出てこないんです。

「あーあ、もっと早く断捨離しとくんだった」
そっちの後悔のほうが強いです。

いまさらですが「断捨離」、おすすめです。


人気ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿